×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

英語教室
TOP
桜流
英語勉強法
英語教材
活用法
英会話
上達法
英文法 英文読解と
英作文
初心者向け
英会話独学法
英語の構造を
読むブログ
英語の発音と
リーディング
英語教材を
上手く使う
Google
WWW を検索 桜の英語教室を検索

基本文型 - Basic Grammar Terminology

S=主語, V=述語, O=目的語, IO=間接目的語, DO=直接目的語, C=補語

S+V 第一文型

第一文型はS+V 「誰・何は、どうする」型

「私は行く」「子供が泣いた」「学校が始まる」など
「何が・どうする」で、文が完結します。

sBirds vfly.
「鳥は飛ぶ」
sLeaves vfell.
「葉は落ちる」
sThe child vcried.
「その子供は泣いた」

「何が・どうする」で骨格は完結しますが、多くの場合「様子」「場所」「時間」「目的」といった副詞(句)の付加情報をつけて表現します。

sSchool vstarts soon.
「学校が始まる」「もうすぐ」
sShe vmoves to New York.
「彼女は移動する(引っ越す)」「ニューヨークに」
sWe vlive in Japan.
「私達は住んでいる」「日本に」
sHe vworks very hard.
「彼は働く」「懸命に」
sI vgo out* to dinner every Saturday night.
「私は行く 外に (出かける*)」「夕食に」「毎週土曜の夜」

第一文型は単純なように見えますが、TO不定詞副詞節が使えるようになると複雑な表現もできるようになります。

sShe vmoves to New York to study English.
「彼女は移動する(引っ越す)」「ニューヨークに」「勉強するために」「英語を」
sLeaves vfell as if autumn had come early.
「葉は落ちる」「まるで」「秋が来た」「早く」

英語学習ランキング         印刷     メール

ナビ 戻る ページトップ

1 英文法勉強法
2 基本文型と文の種類
3 時制
4 時の副詞節/句
5 動詞の基本
6 助動詞
7 条件法・仮定法
8 間接話法と名詞節
9 限定詞(冠詞/所有格)
10 名詞の基本
11 形容詞の基本
12 副詞の基本
13 比較級・最上級
14 前置詞
15 受動態
16 形容詞節
17 動名詞と不定詞
18 副詞節・副詞句
19接続詞と色々な表現
20 英文の基本ルール
アクセスランキング