×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

英語教室
TOP
桜流
英語勉強法
英語教材
活用法
英会話
上達法
英文法 英文読解と
英作文
初心者向け
英会話独学法
英語の構造を
読むブログ
英語の発音と
リーディング
英語教材を
上手く使う
Google
WWW を検索 桜の英語教室を検索

Reported Speech - 間接話法

名詞節・間接話法は英語的思考の理解と練習になります。時制助動詞が理解できたら、ここで名詞節を勉強しましょう。

名詞節は名詞の役割をする節で、文の主語、動詞や前置詞の目的語になります。
ま、理屈云々より、間接話法がわかれば、名詞節の仕組みがわかります。

間接話法は、英語で "Reported Speech" と言います。日本語では
ノリコが、鈴木さんのこと知らないと言っていたよ。
と、ノリコのその時点の立場になって言うのに対して、英語ではあくまでも、現在の自分の立場から、彼女のその時点の立場を見て
Noriko said she did not know Mr. Suzuki.
と言います。

この、現在の自分の立場から動かずに見る…という考え方を理解すると時制の一致なんて法則は実は存在しないことに気付きます。

英語では現在の立場から過去を見て、ノリコが過去に鈴木さんを知らなかったから過去形なのです。

この間接話法、日本語のように立場をコロコロ変える言語から理解するのはとても難しい感覚です。常に自分の立場を動かさずに、状況説明する訓練が必要です。

ちなみに、英語では、直接話法は、視覚的で臨場感ある表現になり、会話で物真似をしながら話す時は、直接話法です。

英語学習ランキング         印刷     メール

ナビ 戻る ページトップ

1 英文法勉強法
2 基本文型と文の種類
3 時制
4 時の副詞節/句
5 動詞の基本
6 助動詞
7 条件法・仮定法
8 間接話法と名詞節
9 限定詞(冠詞/所有格)
10 名詞の基本
11 形容詞の基本
12 副詞の基本
13 比較級・最上級
14 前置詞
15 受動態
16 形容詞節
17 動名詞と不定詞
18 副詞節・副詞句
19接続詞と色々な表現
20 英文の基本ルール
アクセスランキング