×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

英語教室
TOP
桜流
英語勉強法
英語教材
活用法
英会話
上達法
英文法 英文読解と
英作文
初心者向け
英会話独学法
英語の構造を
読むブログ
英語の発音と
リーディング
英語教材を
上手く使う
Google
WWW を検索 桜の英語教室を検索

基本文型 - Basic Grammar Terminology

s誰が」「vどうする(した)」「o何を」「pどこで」「tいつ」
これが英語流の言い方です。

「何がどうする」と言った後どのように情報を補うか、そう考えるようにすると英語感覚が身につきます。

「私は行く」と言ってから、「どこに」「何時」と言います。「私は欲しい」と言ってから「何を」欲しいか言います。

情報の補い方は動詞が自動詞か他動詞かで決まります。文法用語自体は英語を使う上で重要ではありませんが、自動詞、他動詞の違いはしっかり把握した方が学習は楽になります。

文型学習の目的は、「英語の語順を身につけて、英語の発想を身につける」事です。第一文型は S+V、第二文型は…という暗記は学校のテスト目的以外必要ないので、悪しからず。

肝心なのは、「主語」「動詞」という骨格にどんな風に言葉がつながっていくか、その発想を身につける事です。そのために「文型で整理してみる」。そんな形で取り組んで下さい。

場所と時間の表現

場所と時を表す副詞の順番は一応決まっています。多少変化する事もありますが、基本の形は、「場所」「時」の順で来る事を覚えておきましょう。

sMy nephew vwas born in Japan in 1999. sI vwent to school today.

日本語だと、「今日学校に行った」のように、時の副詞が先頭に来る事が多いですが、英語の場合、
先頭に持ってくる=通常の位置とは違う⇒強調
を意味する点に注意してください副詞の基本参照)

英語学習ランキング         印刷     メール

ナビ 戻る ページトップ

1 英文法勉強法
2 基本文型と文の種類
3 時制
4 時の副詞節/句
5 動詞の基本
6 助動詞
7 条件法・仮定法
8 間接話法と名詞節
9 限定詞(冠詞/所有格)
10 名詞の基本
11 形容詞の基本
12 副詞の基本
13 比較級・最上級
14 前置詞
15 受動態
16 形容詞節
17 動名詞と不定詞
18 副詞節・副詞句
19接続詞と色々な表現
20 英文の基本ルール
アクセスランキング