×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

英語教室
TOP
桜流
英語勉強法
英語教材
活用法
英会話
上達法
英文法 英文読解と
英作文
初心者向け
英会話独学法
英語の構造を
読むブログ
英語の発音と
リーディング
英語教材を
上手く使う
Google
WWW を検索 桜の英語教室を検索

英語勉強法

私の講座に日本語訳がないのには理由があります。日本語訳をしている限り英語力は伸びないからです。

英語力を付けるには、大量に「英語を聞く・話す・読む・書く」ことがとても大切です。訳していると英語が日本語化されてしまい、英語を脳みそが理解してくれません。

そうは言っても、初めから全く日本語を介さず英語を理解する事はとても難しいですね。ではどうするのか。

英語を頭から英語の語順のまま理解する練習をするのです。

「誰が」「どのように」「どうする」「何を」「どこで」「いつ」
という英語の構文を意識しながら英語の聞き取りや読解に取り組むようにしましょう。

そうすると、たとえ部分部分は日本語訳していても、英語構文が身についてくるのですね。

語学習得の入り口は、習うより慣れろ

英語上達には、英語を耳から入れる作業が不可欠です。毎日英語に触れる環境にいない場合、独学だろうとなんだろうと「音」の教材は不可欠です。

その一方で、「英語を聞いていれば話せるようになる」事もまずありません

中にはものすごく耳がよくて、キチンと英語の音を日本語の音から切り離す事ができ、意識せずに自然に舌がすんなり慣れてネイティブ発音なんて人もいるかもしれませんが、そんな天才はきっと英語サイトめぐりの必要はないでしょう。

通常は、日本語とは違う英語の「音」の意識を持って練習する必要があります。

英語と日本語の音の違いを知ると、英語のリスニングスピーキング練習がとても効果的になります。

聞いているだけでは理解しにくい、LとRの発音の違いは、発音練習によって身に付きます。

不思議なもので、発音できるようになると、聞き取りも出来るようになります。聞き取りが出来るようになると、今度は発音ももっと綺麗になり、カタカナ発音は理解される発音に変わります。

また、耳と口で練習すると、ちょっとした英文法や英語構文は「理屈を無理やり飲み込む」のではなく「表現方法」として理解できるようになります。そうなると、簡単な英語なら日本語から訳さなくても自然と出てくるのです。

英単語は、どうしても推測不可能なものだけ調べます。英語構造が身につくと、わからない英単語があっても推測できるようになります。英単語の意味がわからないと不安ですが、他の言葉と関連付けながら捉える訓練をすると、推測力が付き、いざと言う時役立ちます。

また、英語の構造読みが出来るようになると、言葉を固まりで見られるようになり、聞き取り能力が上がります。これは、後々速読力にもつながりますから、出来るだけ早いうちにクセ付けるましょう。

英語の構造が身についてきたら、英文日記を始めましょう。

日本語から訳すのではなく、できるだけ英語で考え、英語で書くように心がけましょう。もちろん、始めから上手く書けるわけがありません。書ける範囲で少しずつ、継続は力です。

英語学習を持続させる為にも、「何で英語を勉強するのか」目的意識をしっかり持つことです。「バイリンガルってかっこいい。」でも良いですが、もっと具体的な目的意識を持つことが肝心です。

近い目標は瞬発力、遠い目標は持続力を生み出すします。効果的学習計画を立てるには、目標は不可欠です。

この5点を念頭に英語学習に励んで下さい。きっと「英語なんて思ったほど難しくなかった。」と感じられる日がきますよ。

英語学習ランキング         印刷     メール

ナビ 戻る ページトップ

桜流 英語勉強法
レベル別勉強法
英語教材活用法
英会話・留学 リンク集
アクセスランキング