×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

英語教室
TOP
桜流
英語勉強法
英語教材
活用法
英会話
上達法
英文法 英文読解と
英作文
初心者向け
英会話独学法
英語の構造を
読むブログ
英語の発音と
リーディング
英語教材を
上手く使う
Google
WWW を検索 桜の英語教室を検索

英語の子音 - LとR

私の「らりるれろ」の発音はおかしいとよく言われます。そのためか、「りゃ・りゅ・りょ」が上手くいえません。

それ故、日本語の「らりるれろ」が、英語の【L】、【R】のどちらに近いのかはっきり言えませんし、参考書よって【L】と言ったり【R】と言ったりしているので解り難いです。

ということで、英語の【L】と【R】の発音から入っちゃいましょう。

英語の【L】は舌先を上歯茎に付けます【R】の場合、舌先を丸め口の中の何所にも触れない音です。英語の先生が、舌先の裏側を上歯茎の上の方につければ、間違いなく【L】の音になるといっていました。

LR
lightright
licerice
glsssgrass
lanerain

【L】と【R】の発音の違いだけという単語は結構多く、しかも簡単な日常語である事が多いです。「日本人はお米が好き。」と言ったつもりが、"lice" (しらみ)と勘違いされて…。古典的失敗談です。

【R】は、舌先を丸めて口の中の何所にも触れないよう、気をつけましょう。

ところで、アルファベットの読み方ですが、「エル」「アール」と言っても通じません。ここでも母音抜き作業と音節の意識が必要です。

まず、「エ[ル]」で「ル」の「う」の音を抜きます。つまり、「エ」と言った後、舌を上歯茎にくっつけるだけ。それを一音節で発音すれば完成。

同様に、「アール」も「ア[ル]」の一音節。「ア」と言ったら舌を丸めて完成。これで少し通じやすくなります。

さらに、【L】や【R】の音を口の中だけでなく、喉の奥から音を出すようにすると英語らしい音に変ります。英語の【H】の練習をして、喉の奥の意識ができるようになると応用できるようになると思います。

ところで、ある日、【L】と【R】の発音を教わっていた時、友人はいきなり、【TH】のように舌を出して【L】と言いました。そんな発音の仕方をするする人は、後にも先にも彼一人ですが、とりあえず、舌を出すような変な音は【TH】だけで充分と、私は舌先の裏を歯茎につける方を採用しています。

自分で発音を気をつけて練習していると、不思議なもので【L】と【R】の聞き取りも出来るようになってきます。

英語学習ランキング         印刷     メール

ナビ 戻る ページトップ

英会話上達法
英会話練習法
発音練習法
発音練習法 子音編
発音練習法 母音編
つづりと発音

アクセスランキング