×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

英語教室
TOP
桜流
英語勉強法
英語教材
活用法
英会話
上達法
英文法 英文読解と
英作文
初心者向け
英会話独学法
英語の構造を
読むブログ
英語の発音と
リーディング
英語教材を
上手く使う
Google
WWW を検索 桜の英語教室を検索

英語の子音 - Consonants

英語の子音は日本語と似た音が多いです。そうした音は、日本語の音から学ぶことになんら問題はありません。

長年培った音の出し方を無理やり全て捨て去って、「英語本来の発声・発音方法」で発音練習しようなどと言う神業を成し遂げなくても、充分通じる英語の発音ができるようになります。

とは言え、似たような音でも、日本語の音は「ん」以外、常に「あいうえお」の母音が付くので、母音抜きを意識する必要があります。

子音単独の音は英語には沢山あり、子音が2つ連なったり、ほとんど音が聞こえなくなるほど弱くなるクセがあります。こうしたクセを理解すると通じる発音ができるようになり始めます。

さらに、ローマ字や仮名表記に惑わされないように注意する必要もあります。

例えば、「シ」という音。これは、サ行にあるので、"S" の音と思いがちですが、実は"SH"(ʃ)の音です。英語の "See" は「シー」とは違います

同様に、タ行の「チ」「ツ」だ行の「ヂ」「ヅ」も、"T" や "D" の音とは異なります。

また、ラ行は、ローマ字で、"R" と表記しますが、ラ行と "R" は違う音です。「ふ」と "F" も違う音です。

以上の点に注意しながら、英語の子音を見てみましょう。

まずは、単独で覚えていく音から。下記は、無声・有声の対がない音です

[ ]の部分は母音を抜きます。
全て一拍で発音します。

Mの発音

マ行の母音の無いの音です。
細かいことを言うと、日本語のマ行よりも、唇を意識して強く閉じてから発します。母音の無い子音は、日本語的に口を閉じたまま、鼻から音を抜きます。音節末で「ム」と言わないように注意しましょう。

"make"イ[ク]
"come"[ム]

Nの発音

ナ行の母音の無いの音です。
口を開けて鼻から息を抜く「ん」の音です。音節末で「ヌ」と言わないように注意しましょう。

"no"
"can" キャ / カ

NGの発音

日本語のカ行やガ行の前に来る「ん」です(案外・餡かけ)。
「アンナイ」と「アンガイ」、舌の位置を意識して言ってみるとN とNG の違いがわかります。「ング」と言わないように注意しましょう。
発音記号はŋ

"king"ン[グ]
"song"ン[グ]

Hの発音

ハ行の母音の無いの音です。
口の中で出す日本語とは少し違い、お腹の底からため息をつくような要領で出すと、英語らしくなります。

"house"ウ[ス]
"hope"ウ[プ]

時々、日本語のハ行と英語の【H】は違うという事を耳にします。確かにその通りですが、日本語のハ行発音でも充分通じます

それよりも、全く違う、通じない音が沢山あるので、「細かい事はイチイチ気にせず、まず話す」というのが私の独学英語学習者への提言です。

とは言え、この【H】の音をしっかり練習すると、英語の発声法「腹式呼吸」のコツが解ってきます。思いっきり嫌味っぽくため息をつくような「ハァ」という音が、英語の【H】です。強くため息をつくとお腹から息がでますよね。英語はその様にお腹から空気を押し出す音で話す言葉です。

厄介な英語の母音の練習を丹念に行う前に、ちょっと、この "H" の発音を練習しながら、腹式呼吸を身につけると良いですよ。

Yの発音

ヤ行の母音の無いの音です。
yearとear の音の区別ができるよう、練習して下さい。
発音記号では【j】と記されますが、アルファベット"J(ʤ)" は"Y(j)"とは違う音にですので気をつけて下さい

"yes" イェ[ス]
"year" イェ

無声子音と有声子音

英語学習ランキング         印刷     メール

ナビ 戻る ページトップ

英会話上達法
英会話練習法
発音練習法
発音練習法 子音編
発音練習法 母音編
つづりと発音

アクセスランキング