×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

英語教室
TOP
桜流
英語勉強法
英語教材
活用法
英会話
上達法
英文法 英文読解と
英作文
初心者向け
英会話独学法
英語の構造を
読むブログ
英語の発音と
リーディング
英語教材を
上手く使う
Google
WWW を検索 桜の英語教室を検索

母音抜き

英語の発音で重要なのは、出来るだけ日本語の音から離れる事です。とは言え、小さな子供でもなけりゃ、そんな神業出来ません。

でも諦めてはいけません。カタカナ発音に一工夫加えるだけで、通じやすい英語に近づきます。

その方法が、音の分解練習。日本語の音は殆ど母音を伴いますが、英語は子音のみの音がとても多いです。これでは、カタカナ英語が通じないのも当然。

例えば、野球の「バット」。英語を見てみると、"bat""T" の音だけで「お」の音なんてどこにも表示されていません

英語は表音文字です。無い音を勝手に発音してはいけません

「ト」の音を分解してみると、 "T" と「お」の音。この「お」の音を取り除いて下さい。ちょっと難しいようでしたら、「た」「て」「と」の音に共通する舌の位置を意識してみて下さい。

舌が歯茎に触れて音を出す瞬間に離れますよね。その瞬間の音が"T"。

その音を「ば」の後において見ましょう。日本語の音表現でいくと、「バッ」に近い感じですが、舌は歯茎に触れます(注:"bat" の "a" は 「あ」ではありませんが、とりあえず便宜上表記しておきます)。

よく、"bat" "cut" "student"などの最後の "T" は発音しないと説明している参考書がありますが、音は出ていなくても、唇や舌は動いている事が多いです。

母音を伴わない発音が英語には多いので、意識して「母音抜き」をするようにしましょう。

[ ]の部分は母音を抜きます。
·は音節の区切りを表しています。
太字強調を表しています。

「パブ」pub「パ[ブ]
"B" 「う」の分解
「クリアー」clear[ク]リァー」
"K" 「う」の分解
「ロード」road「ロー[ド]
"D" 「お」の分解
「ワンダーフル」won·der·fulワン·ダァ·フ[ル]
"W"「あ」の分解
「スイミング」swim·mingィ[ム]·ミン[グ]
"M"「う」の分解
「ジャズ」jazz「ジャ[ズ]
"Z"「う」の分解

子音が発音できるようになると、少しカタカナ英語から遠ざかり、理解してもらえる英語に一歩近づきます。

子音で終わる単語は音らしい音を出していないように聞こえますが、この動きが後々重要になりますので、キチンと基礎を築きましょう。

英語学習ランキング         印刷     メール

ナビ 戻る ページトップ

英会話上達法
英会話練習法
発音練習法
発音練習法 子音編
発音練習法 母音編
つづりと発音
アクセスランキング