×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

英語教室
TOP
桜流
英語勉強法
英語教材
活用法
英会話
上達法
英文法 英文読解と
英作文
初心者向け
英会話独学法
英語の構造を
読むブログ
英語の発音と
リーディング
英語教材を
上手く使う
Google
WWW を検索 桜の英語教室を検索

音節 - Syllable

英語の発音は日本人最大の悩みって感じですが、私もその内の一人。色々原因のある中で、日本で英語を習った時誰も触れなかった事、それが音節です。

日本語の音は殆ど一拍一音ですが、英語の場合、2·3音が一拍で発音される事が多いです。

例えば、チャレンジ(日本語 4拍)

英語辞書をひくと "chal·lenge"と載っています。"·"は音を区切る場所を示しており、 "chal·lenge"は2拍です。これを2倍の4拍で発音されては確かにわかりにくいでしょう。

その上、音を区切るところは、「チャ·レンジ」では無く、「チャ[ル]·レン[ジ]」です。

「なんだい、母音を抜いて発音するのだから、発音しないのと同じ。だから、「チャ·レン[ジ]」の2拍でも通じるだろう?」と思った方、大きな間違いです。

英語の授業で、スペイン人のクラスメイトが、「チャ·レン[ジ]」と言った所、非母語英語慣れしていなかった新米英語教師は解りませんでした。

チャ[ル][ル]は確かにハッキリ音として発音されませんが、舌が L の位置に移動します。それからレン[ジ]と続くのです。

"L" や "R" の発音"TH"に注意しているのに単語が通じない、という場合、この音節が大きな原因になっている事が多いです。英語母語の人は、強調される音節と、音節の数の関係で単語を推測するからです。

[ ]の部分は母音を抜きます。
·は音節の区切りを表しています。
太字強調を表しています。

「チャレンジ」(4拍)chal·lenge (2拍)チャ[ル]·レン[ジ]
「エレベーター」(6拍)el·e·va·tor (4拍)[ル]·エ·ヴェ·タ
「スイミング」(5拍)swim·ming (2拍)[ス](ウィ[ム])·ミ(ン[グ])
「レター」(3拍)let·ter (2拍)[ト]·タ
「リトル」(3拍)lit·tle (2拍)[ト]·[ト][ル]

手を叩きながらゆっくりと、「チャ[ル]·レン[ジ]」(2拍) 「[ル]·エ·ヴェ·タ」(4拍)等リズムを刻んでみて下さい。または「チャレ」と二拍で言って、それから「チャ[ル]·レ」、そして「チャ[ル]··レン[ジ]」といった感じで練習するのもいいでしょう。

l/rth等、日本人には難しい発音はいっぱいありますが、音節と強調の2点に気をつけると、理解されやすい英語に近づきます

辞書を引く時は、必ず音節に注意しましょう。ちなみに「音節」"syllable" は "syl·la·ble"です。

強調(アクセント)
英語の子音

英語学習ランキング         印刷     メール

ナビ 戻る ページトップ

英会話上達法
英会話練習法
発音練習法
発音練習法 子音編
発音練習法 母音編
つづりと発音
アクセスランキング