×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

英語教室
TOP
桜流
英語勉強法
英語教材
活用法
英会話
上達法
英文法 英文読解と
英作文
初心者向け
英会話独学法
英語の構造を
読むブログ
英語の発音と
リーディング
英語教材を
上手く使う
Google
WWW を検索 桜の英語教室を検索

聞き取り - Listening

聞き取り練習は英会話上達の絶対必須条件。英語のリスニング練習せずに英会話が出来るようにはなりません。

練習は、まとめてとるよりも小まめに行う方が効果的です。最低でも一日20分週三日は必要です。聞き取りだけでしたら、通勤・通学時間を活用する事も可能ですよね。

どんなレベルであっても、英会話練習はミッチリ英語の聞き取り練習から始めましょう

練習法

  1. 日本語訳を見ずにまず英語を聞いて、「何について」話しているか理解します
  2. 簡単に内容を把握したら、英文または日本語訳や語彙を見て詳細を把握します
  3. もう一度英語を聞いて、英語から内容を把握するよう努めます

英会話教材には通常日本語訳がありますが、まずは日本語を見たり聞いたりせずに英語だけを聞きます詳細は聞き取れくても「何について」話しているのか把握できれば、とりあえずOK。

3回聞いても、全く「何について」話しているのか分からないとすると、その教材はレベルが高すぎです。速度を落とすなり、レベルを落とすなりした方が良いと思います

逆に、一回聞いただけで、内容が全て理解できるのでしたらその教材は簡単すぎます。レベルを上げて下さい。

英語を聞き大体内容を掴めたら、「英文」を読みます。この時、音と一緒に目で英文を追っていくと良いですよ。

これで内容がキチンとわかったならば、"繰り返し練習"へ。

内容が解らない方は、まず、語彙や単語を見て内容を把握するようにしましょう。それでもダメなら、ここで初めて日本語訳を読みます。自分で訳す必要はありません。

内容をキチンと把握できたら、また、英語をしっかり聞きましょう。

テキストによっては、聞き取るコツを教えてくれています。それを参考に、ある程度しっかり英語から内容を把握できるように繰り返し聞きます

くどいようですが、自分で日本語に訳さない事。英語は英語のままイメージで捉える方が、日本語に訳す訓練をするより、ずっと早く英語が伸びます。

同じ内容を、2、3日おいてまた聞いてみましょう。そうすると、本当に解っていたのか、そんな気になっただけなのか、はっきりします。

日本語訳を見ないと詳細がわからない、というのでしたら、また、同じ作業を繰り返し、理解できるようにします。全く覚えていなくても落ち込まないで下さい。初めから全部完璧な人はいません。むしろ、「やり直して良かった。」と肯定的にとらえると良いと思います。

2,3日後にまた同じ内容を勉強すると、語彙力も定着しやすいですし、「わかったつもり」防止にもなります。一週間後、1ヶ月後などももう一度行うのも効果的です。

こんな風に聞き取り練習をしていると、英語が聞き取れるようになるだけでなく、「要点を聞き取る」能力がついてきます。

さらに、英語の発音練習にも、時間を割くようにすると、聞き取り能力が上がります。

ある程度、聞き取り能力が上がってきましたら、繰り返し練習に重点を移しましょう。受信英語が発信英語へと変わりますよ。

繰り返し練習
英語の発音練習
リスニング英語教材へ

英語学習ランキング         印刷     メール

ナビ 戻る ページトップ

英会話上達法
英会話練習法
発音練習法
発音練習法 子音編
発音練習法 母音編
つづりと発音

アクセスランキング