×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

英語教室
TOP
桜流
英語勉強法
英語教材
活用法
英会話
上達法
英文法 英文読解と
英作文
初心者向け
英会話独学法
英語の構造を
読むブログ
英語の発音と
リーディング
英語教材を
上手く使う
Google
WWW を検索 桜の英語教室を検索

繰り返し - Repeating

小さな子供が大人の言った事をそっくりそのまま繰り返し、何となく会話になってしまうことありますよね?繰り返し練習法は語学習得に有効です。

"Repeating"の効果は、

に集約されます。

リピーティング 専門教材でなくても、英語の音があれば繰り返し練習はいくらでもできます。ただし、音が早いと繰り返しにくいので、ゆっくりした英語の音を使ってください。

練習法

例えば、下記の文

"I saw him dancing in front of the building where he used to work."

一回聞いただけで繰り返すのが無理でしたら、

"I saw him dancing,"
"I saw him dancing in front of the building,"
"I saw him daincing in front of the building where he used to work."

という感じで、句・節を付け足して練習しながら最終的に一文全部を繰り返します。

一文を繰り返すことで、英語の基本文型が理屈抜きで身に付くようになります。

繰り返し練習は、テキストの英文を見ずに行います。英文がないと無理でしたら、

テキストを聞きながら英文を黙読
テキストから目を離して、文を読まずに「繰り返し」

という流れで行います。

文字を追うのではなく、耳から入った音を繰り返すのが、リピーティング練習の肝心なところ。何となく理解している英語をしっかりとリズムに載って口に出すことで、「英語の聞き取りはできるけれど話せない」状態を打開するのがこの練習の目的です。

英語が聞き取れるのに話せないのは、発信に慣れていないからです。

繰り返しの練習は、発信機能を育てるのにとても役立ちます。ただし、内容もわからず音を繰り返していても意味が無いので、声に出している事をキチンと理解している必要があります。

繰り返し練習する時は、英語の発音に気をつけて下さい。完璧な発音である必要はありませんが、悪い癖がつくと、それはそれで、直すのに苦労しますから、英語の音をよく聞いて、練習するように心がけましょう。

いきなり繰り返しの練習を始めるのではなく、聞き取り練習中に、モゴモゴと口ずさむようにしてリズムに慣れると良いですよ。

繰り返し練習してみると、自分がどれだけ「キチンと理解」しているか見えてきます。

日本人の場合、たいてい、冠詞前置詞が上手く聞き取れませんし、話す時も無視しがちです。

初級レベルでは、あまり細かい事は気にせず、まず内容把握に重点を置き、繰り返し練習は、口慣らし程度で充分です。

聞き取り練習で、内容把握が簡単に出来るようになったら、リピーティングに重点を移すようにしていきます。

また、リピーティング練習をする前に、書き取りを行うと、自分の弱点が理解できてお勧めです。

さらに、リピーティング練習に慣れてきたら、シャドウィング練習を行う事もお勧めします。シャドウィング練習をする事で、よりいっそう英語のリズム・発音が身につくようになります。

書き取り
発音練習法
リスニング英語教材

英語学習ランキング         印刷     メール

ナビ 戻る ページトップ

英会話上達法
英会話練習法
発音練習法
発音練習法 子音編
発音練習法 母音編
つづりと発音

アクセスランキング