×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

英語教室
TOP
桜流
英語勉強法
英語教材
活用法
英会話
上達法
英文法 英文読解と
英作文
初心者向け
英会話独学法
英語の構造を
読むブログ
英語の発音と
リーディング
英語教材を
上手く使う
Google
WWW を検索 桜の英語教室を検索

英語の聞き取り・英会話上達法

語学習得の入り口は、習うより慣れろ。これにつきます。

難しい文法や熟語も、耳で聞き慣れると不思議と頭に入ってきます。英語に慣れるまでは、文法学習や英単語・熟語の暗記に時間を割くよりも、聞き取りに力を注いだ方が効率が良いのです。

ですから「耳に英語を入れる訓練」と「英語を話す(繰り返す)訓練」は必要不可欠です。

リスニングが苦手な方は、まず、聞き取り練習に重点をおきましょう。初めのうちは、小まめに聞き流すだけでもOKです。少し慣れてきたら、キチンと聞く(精聴)練習をしましょう。

聞き取りの練習には、生の英語の速度が良いのか、英語練習用のゆっくりした速度が良いのか、迷うところですね。

中学生程度の文法力・読解力のある方は、思い切って普通の会話速度で練習することをお勧めします。初めは大変でも、基礎力があれば慣れてくるのは時間の問題です。

一方、英語の基礎力の全くない方は、ゆっくり目の素材を使うようお勧めします。普通の会話速度に始めから挑戦しても、英語の音が音のまま言葉として認識されにくい状態が続きますから。

英語を日本語訳するのは止めましょう。テキスト等に付随している日本語訳を読むだけで充分です。

むしろ、聞きながら、出来るだけ内容をイメージするようにして下さい。細かい単語を気にせず、まずは大まかに推測するようにします。

テキストの日本語訳を見なくても、2、3回聞けば英語を理解できるようになり始めたら、繰り返しの練習を取り入れましょう。

繰り返しの練習は、受信英語から発信英語に切り替える大切な練習です。

繰り返し練習を始めたら、少しずつ英語の単音発音練習も始めてください。

英語音の特徴を理解しながら繰り返し練習をすれば、変なクセをつけずにすみます。クセがついてしまうと修正はとても大変ですから、ちょっと退屈ですが、英語の単音練習はして下さい。

聞き取り練習から、繰り返し練習に重点が移行し始めたら、書き取りも学習に組み込みましょう。

書き取りを取り入れることで、自分の弱点がくっきり見えますので、英文法の勉強が効果的にできるようになります。

単音の発音に慣れ、繰り返し練習が苦なく出来るようになったら、シャドウィングに取り組みましょう。シャドウィングをすると、英語のリズムに慣れ聞き取りの精度もあがります。

これらの練習は、「英語で考え、英語で話す」ための必須項目です。

ただ、これらの練習だけでは、どうしても手に入れられないものが一つあります。それは、コミュニケーション・スキルです。こればかりは、相手がいないと出来ない事。

特に、中上級レベルになったら積極的にコミュニケーションを図る工夫して下さい。

英語聞き取り練習
英語の発音練習
リスニング英会話教材へ

英語学習ランキング         印刷     メール

ナビ 戻る ページトップ

英会話上達法
英会話練習法
発音練習法
発音練習法 子音編
発音練習法 母音編
つづりと発音
アクセスランキング