×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

英語教室
TOP
桜流
英語勉強法
英語教材
活用法
英会話
上達法
英文法 英文読解と
英作文
初心者向け
英会話独学法
英語の構造を
読むブログ
英語の発音と
リーディング
英語教材を
上手く使う
Google
WWW を検索 桜の英語教室を検索

中級レベル 英会話上達法

簡単な決まり文句なら言えても、「会話」と言う程スムーズではない中級レベル。初級レベルとは違った学習法を取り入れるのが上達のコツです。

まず、聞き取り練習から繰り返し練習に重点をうつします。発声する事で受身の英語が発信用に変わります。

リスニング教材は普通の会話速度にし、英語の構造をしっかり捉える練習をして下さい。英語の構造が身につくと英語表現の応用力がつきます。決まり文句から脱したい方には必須です。

繰り返し練習に重点を置くようになったら、必ず英語の発音練習を行うように心がけてください。一日一音でも良いので、英語の音の特徴を体で覚えるようにします。

英語の発音練習をする事で、英語の聞き取り能力が伸びますし、何よりも繰り返し練習で変なクセをつけなくてすみます。一度変なクセがつくと取り除くのは大変ですから、飽きない程度にしっかりと発音練習して下さい。

繰り返し練習に慣れたら、書き取り練習を取り入れます。書き取りの練習をすると自分の弱点が見えやすくなり、どの部分を重点的に勉強すれば良いかわかりやすくなります。

時間的に余裕のある方は、シャドウィング練習も取り入れましょう。シャドウィングは英語のリズム・発音習得にとても役立ちます。

また、英語の音の構造の特徴をつかみ、つづりと発音の関係にも注意するようにすると、語彙力も付き、伸び悩み状態から抜け出しやすくなります。

中級レベルは、語彙力や文法力の有無が、今後の英語力の伸び方に大きく左右するようになります。「習うより慣れろ」学習だけでは、段々伸び悩み始めるのが中級レベルです。

聞き取り繰り返しシャドウィング書き取りといった一連の学習の上に、英文法学習が必要になります。

といって、受験英語のように、机にかじりついて、英文法学習する必要はありません。

書き取りが上手くできなかったり、テキストの英文と日本語訳が、どうしてそうなるのか?という部分が飲み込めなかった時に、調べるという形で進めていけば充分です。

中級辺りからは、「英語に慣れる練習」をしながら「英文法を習う」事によって、両方の能力が相互的に増していくようになります。英文法学習はつまらないと決め付けず、「表現方法の法則」として学ぶと良いですよ。

英会話練習法
発音練習法
中級レベル英語教材

英語学習ランキング         印刷     メール

ナビ 戻る ページトップ

英会話上達法
英会話練習法
発音練習法
発音練習法 子音編
発音練習法 母音編
つづりと発音
アクセスランキング