×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

英語教室
TOP
桜流
英語勉強法
英語教材
活用法
英会話
上達法
英文法 英文読解と
英作文
初心者向け
英会話独学法
英語の構造を
読むブログ
英語の発音と
リーディング
英語教材を
上手く使う
Google
WWW を検索 桜の英語教室を検索

英語学習の発想の転換

日本人の英語の間違いの始まりは、「英語話す、英語書く」という発想だと思います。

私ももちろんその一人でした。

英語話したい、英語書きたい」ではなく、英語話すことが目的な状態。ですから、英単語や英熟語を対訳・暗記したり、テストとなれば、面白くないテキストを日本語に訳して、不自然な日本語を英訳して…そして、恐ろしく不自然な英語にしていた思います。

英語の構造と日本語の構造の違い、品詞の使い方の違いに注意せず、英語を話したり書いたりする時、日本語から訳してしまう。おまけに「英語話したい」という内容がなければ、効率良い訳ありません。

そんな背景をひきずっているので、「英語を話し、書く」段になると、今度は、「日本語で考え、英語に直す」という作業になり、奇妙奇天烈な英語表現を生み出します

これを避けるには、まず、「言いたいことを英語で考え、英語で話す、書く」という発想の転換が必要です。「話す」「書く」は日本語から訳さないようにする必要があるのです。

訳すなって言ったって英語で考えられりゃ、苦労しないよ。」と思いますよね。ごもっとも。

私が言いたいのは、まず、「直訳しない」という意味です。

日本語→日本語訳をして、「英語式」に考え直す癖をつけると、英文を書くのが億劫ではなくなりますし、次第に、英語で考えられるようになっていきます。

英語で考えられるようになれば、英文法も、語彙の習得も、暗記物ではなく、表現方法として捉えられるようになります。そうなると、英語が楽しくなりますよ。

効果的英語学習計画
英会話上達法
英文読解・英作文上達法

英語学習ランキング         印刷     メール

ナビ 戻る ページトップ

桜流 英語勉強法
レベル別勉強法
英語教材活用法
英会話・留学 リンク集
アクセスランキング