×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

英語教室
TOP
桜流
英語勉強法
英語教材
活用法
英会話
上達法
英文法 英文読解と
英作文
初心者向け
英会話独学法
英語の構造を
読むブログ
英語の発音と
リーディング
英語教材を
上手く使う
Google
WWW を検索 桜の英語教室を検索

動名詞とTO-不定詞 —Gerunds and Infinitives

動名詞とTO-不定詞の名詞的用法は、同じように「〜事」と訳されますが、微妙にニュアンスが違います。

動名詞は動きを表す言葉です。例えば「農業」という日本語を和英辞書で引いてみると、"agriculture" と "farming" が載っていますが、"farming" の方が耕作している姿が浮かぶ絵画的な言葉です。

TO-不定詞は【TO】という言葉が示すように、方向性を持ち、目的や未来の行為を示す傾向があります。

I had a problem installing new software.
インストールに手こずった事を伝えている。
I had a problem to install new software.
インストールする目的を達成するのに問題があった事を伝えている。

大きな意味の違いがあるわけではありませんが、こうした微妙な心理の差が、動名詞と不定詞にはあります。TO-不定詞と動名詞の違い参照)

特に、熟語を覚える際はこの感覚の違いを念頭に入れておきましょう。ちなみに、前置詞 to の後にくる動名詞は、TOEFL等の出題率高いです。

動名詞·TO-不定詞の時制·態

動名詞とTO-不定詞には時制があり、主文の動作との時間の前後を表します。また、受身もあります。時制の感覚受身の理屈がわかっていれば、難しい事はありません。あとは、慣れです。

主動詞と同時 -ing·to-do
I am thinking about not going there.
She is always careful not to say anything about her family.
否定形 not doing·not to-do
I am thinking about not going there.
She is always careful not to say anything about her family.
主動詞より前の行為 having done·to have done
I appreciate having had the opportunity to meet him.
I seem to have misplaced my keys.
受身形 being done·to be done
I am appreciated being invited to your home.
I don't want to be fooled by his lies anymore.
主動詞より前:受身形 having been done·to have been done
I appreciate having been told the news.
She is lucky to be given a theater ticket.

動名詞は元々、実際の行動·状態を表すので、文の動詞よりも前でも完了形を使わない事もあります。having 過去分詞 の形が良いか、通常の動名詞の形が良いかは、動詞の名詞形を入れてみるとわかりやすいです。

I regret my loss of temper in class.
感情が爆発してしまった事を後悔(regret より前の出来事)
I regret loosing my temper in class.
= I regret having lost my temper in class.

regret の場合、名詞の出来事は過去である事が明らかです。ですから、動名詞で完了形にしなくても、時制が一歩前な事はわかります。

I appreciate the opportunity to work for you.
今現在の機会?過去にあった機会?
I appreciate d having the opportunity to work for you.
≠ I appreciate having had the opportunity to work for you.

appreciate の場合、今ある機会に感謝する場合や、それ以前にあった機会に感謝する場合があります。この場合動名詞は、時制を使って動作の前後を明確にします。

動名詞·TO-不定詞の時制は、時制を変化させないと誤解を与える時に主に使われると捉えておくと良いでしょう。

動名詞·TO-不定詞は、動作の主語を表す必要がある場合があります。それぞれの用法を動名詞·TO-不定詞で確認して下さい。

英語学習ランキング         印刷     メール

ナビ 戻る ページトップ

1 英文法勉強法
2 基本文型と文の種類
3 時制
4 時の副詞節/句
5 動詞の基本
6 助動詞
7 条件法・仮定法
8 間接話法と名詞節
9 限定詞(冠詞/所有格)
10 名詞の基本
11 形容詞の基本
12 副詞の基本
13 比較級・最上級
14 前置詞
15 受動態
16 形容詞節
17 動名詞と不定詞
18 副詞節・副詞句
19接続詞と色々な表現
20 英文の基本ルール
アクセスランキング