×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

英語教室
TOP
桜流
英語勉強法
英語教材
活用法
英会話
上達法
英文法 英文読解と
英作文
初心者向け
英会話独学法
英語の構造を
読むブログ
英語の発音と
リーディング
英語教材を
上手く使う
Google
WWW を検索 桜の英語教室を検索

原級 - Positive

「〜と同じくらい」という言い方を学習しましょう。よく使われる
AS + 形容詞/副詞+ AS には、倍数を表す表現や、慣用表現がたくさんあります。as…as 以外の表現もありますよ。

AS…AS 構文

AS + 形容詞/副詞+ ASを使って「〜と同じ」と等しい関係を表現できます。【AS】は色々な役目を果たす単語で、最初の【AS】と次の【AS】は機能が違います。

最初のAS は形容詞や副詞の前に来て「同等に」と程度を表します。
次の AS は比較対象を表します。

文を区切る場所をしっかり理解すると、混乱せずに比較できます。

She is as tall as I (am).
She is tall. I am tall.
「同等に背が高い」「私と」

She speaks English as well as I (do).
She speaks English well. I speak English well.
「同等に上手く話す」「私と」

【AS】の置き場所に悩んだ時は、まず通常の文を作ってみましょう。

He has as many books as I (do).
He has many books. I have many books.
× He has books as many as I (do).

He has books many. とは言いませんから、
"He has books as many as I do." は間違った文です。

名詞を修飾する形容詞を比較する時は、間違えやすいので気をつけましょう。

as 形容詞 a 名詞 の表現を使うこともあります。as a 形容詞 名詞よりも気取った響きがあります。

It is not as a nice place as it used to be.
It is not as nice a place as it used to be.
It is not a nice place. It used to be a nice place.

否定文

AS…AS 構文の否定文は、「AはB程…ではない」という意味になります。「同じくらい〜ではない」ではないので気をつけましょう。

The question is not as complicated as it seems.
「同等には難しくない」「見た目ほど」

【NOT】が否定しているのは、最初の as complicated。では、どの程度「複雑ではない」のか、【AS】以下で示しているわけです。

否定のAS…AS 構文は、比較級との書き換え問題がよく出題されます。構文を暗記するのではなく、「何を言っているのか」を見極められるようになると、書き換え問題も楽になります。

英語学習ランキング         印刷     メール

ナビ 戻る ページトップ

1 英文法勉強法
2 基本文型と文の種類
3 時制
4 時の副詞節/句
5 動詞の基本
6 助動詞
7 条件法・仮定法
8 間接話法と名詞節
9 限定詞(冠詞/所有格)
10 名詞の基本
11 形容詞の基本
12 副詞の基本
13 比較級・最上級
14 前置詞
15 受動態
16 形容詞節
17 動名詞と不定詞
18 副詞節・副詞句
19接続詞と色々な表現
20 英文の基本ルール
アクセスランキング