×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

英語教室
TOP
桜流
英語勉強法
英語教材
活用法
英会話
上達法
英文法 英文読解と
英作文
初心者向け
英会話独学法
英語の構造を
読むブログ
英語の発音と
リーディング
英語教材を
上手く使う
Google
WWW を検索 桜の英語教室を検索

中級レベル - Intermidiate Level

中級レベルでは、、文法は得意なのに読めない・書けない方や、読めるけれど、書けない方等、色々分かれると思います。

文法はわかっているのに書けないのは、英文法が表現法として身についていない証拠です。

丁寧な日本語訳をせず、単語を区切り区切り読む、英文の構造読みを取り入れましょう。知っているはずの文法をキチンと身につけるには、これが一番です。

中級レベルでは、とにかく、しっかり「英語で考える」クセを身につけるようにします。英文の構造を身につけ、日本語訳とは決別すると、「英語の勉強」が楽になります。

読めるのに書けない方は、アウトプットの練習、音読と書き写し練習を行いましょう。真似て上達するのは、スピーキングだけではないですよ。

英作文に慣れていない方は、まず日本語→日本語訳をして、英文式に「誰が」「どのように」「どうした」「何を」「どこで」「いつ」の順に置き換え、そこから英文にする練習をして下さい。

難しい文をいきなり書こうとせずに、まずはしっかりと基本文型時制をキチンと使い、冠詞・名詞前置詞に注意をはらって書きましょう。

中級レベルになると、込み入った文章を書きがちですが、日本語感覚で節を沢山使うと意味不明になります。Simple is the bestを参考に、英語らしい表現を心がけて下さい。

「コレ使える!」と思った表現は、その日のうちに英語日記で書くことをお勧めします。

英文は、絶対に書きっぱなしにせず、多少客観的に読める、2、3日後に書き直しをしましょう。冠詞・名詞前置詞は、間違えやすい項目です。

また、書き直しの作業は、文法間違いだけではなく、他の表現方法を考えながら行うと、力がメキメキつきますよ。

辞書は、理解不可能な時のみ使用します。英和辞書で意味を調べても、英英辞書で確認するようにすると、「英語の意味」がわかるようになります。特に、和英辞書を使った後は、絶対に英英辞書で確認するようにしましょう。

英語の構造読み
日本人のしがちな間違い
英作文練習法
英文法教材集へ

英語学習ランキング         印刷     メール

ナビ 戻る ページトップ

英文読解と英作文上達法
英文の構造と頭読み
日本人のしがちな英語の間違い
英作文練習法

アクセスランキング