×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

英語教室
TOP
桜流
英語勉強法
英語教材
活用法
英会話
上達法
英文法 英文読解と
英作文
初心者向け
英会話独学法
英語の構造を
読むブログ
英語の発音と
リーディング
英語教材を
上手く使う
Google
WWW を検索 桜の英語教室を検索

英語日記:感じた事・主張編

第一ステップ

出来事編で文章の基本を学んだ方は、「感じた事・考えた事」編に挑戦しましょう。

第一ステップでは、because等の因果関係の接続詞をできるだけ使わずに、短文を書き連ねるように書きます。

それが難しいようでしたら、英文を書いた後に、接続詞をできるだけ省くようにします。そうすることで、自分の考えが再構築しやすくなりますから、一度だまされたと思ってやってみて下さい。

I don't think it's a good idea to give some money to homeless people.
It doesn't help them much.
They usually use money to buy alcohol and/or drugs.
I usually give them candy or sandwiches instead.
They often look dissatisfied with the food and say nothing to me.
I don't give them some food to be appreciated, but I feel upset a little.
I think it is also not a good idea to give something to homeless people if you want to feel better.
You should do it simply because it helps them.

書き終わったら、必ず読み直しをしましょう。主語・述語の一致時制冠詞名詞前置詞等、基礎レベルをしっかりチェックするようにします。

第二ステップ

第二ステップでは、「考えをまとめ」ます。

感想や主張は、出来事編と違い、「時間の軸」が無い分、しっかり考えをまとめないととても読みにくい文章になります。

例えば、例文の場合、「ホームレス」について書かれていますが、細かく見ると、「お金を上げるのはいけない」事と、「食べ物をあげた方が良い事」それから、「感謝を期待してはいけない」事と、3つの考えがあることがわかります。

第一ステップで接続詞を全部省いて書くと、各々の考えが見えやすく、また、直しやすいのです

また、第二ステップでは、「主語」を気をつけるようにしましょう。書き手・読み手・第三者をどういう風に表現するか、意識しましょう。

「英語的思考」では、「誰が主語」なのかとても大切です。「動作主が誰だか良くわからない」日本語をそのまま英訳しないように注意しましょう。

It's not a good idea to give some money to homeless people.
You might not help them.
They can use money to buy alcohol and/or drugs.

You should give them candy or sandwiches instead.
They might be dissatisfied with the food and say nothing to you.
Even though you don't give them some food to be appreciated, you could feel upset a little.

It is also not a good idea to give something to homeless people if you want to feel better.
You should do it simply because it helps them.

上記の例文では、「私は思う」という第一ステップの形から、「あなた(読者)」を主語にして、「提言」の形を強めています。第一ステップの原文と比べて下さい。印象が大分違ってきますね?

上記の例文のように短い文章はは接続詞や副詞の使い方で上手く一段落に出来ますが、一般的に、「考え」が変わった時は、段落を変える方が読みやすくなります。

上記の場合、さらに助動詞を上手く使って、程度の表現や、提案をして、主張にメリハリをつけています。

第三ステップ

第三ステップでは、文章に流れをつけていきます。流れを作るのは、副詞分詞構文です。

感じた事や主張をすると、とかくbecause等の因果関係の接続詞を使いがちです。間違いではありませんが、使いすぎると英文が単調でしつこい感じになってしまいます。

けれども、例文のように、becauseをあまり使わなくても、思考の関係を表すことができます。こうした工夫を試みてみましょう。

It's not a good idea to give some money to homeless people
if you want to help them.
With the money you give, they can buy alcohol and/or drugs.
Instead, you should give them some food.
They, however, mihgt be dissatisfied with it and say nothing to you.
In responce to that, you could feel upset even though you don't give them food to be appreciated.
Well, it is also not a good idea to give something to homeless people if you want to feel better.
You should do it simply because it helps them.

第一ステップの原文と比べてみましょう。

I don't think it's a good idea to give some money to homeless people.
It doesn't help them much.
They usually use money to buy alcohol and/or drugs.
I usually give them candy or sandwiches instead.
They often look dissatisfied with the food and say nothing to me.
I don't give them some food to be appreciated, but I feel upset a little.
I think it is also not a good idea to give something to homeless people if you want to feel better.
You should do it simply because it helps them.

どうでしょうか?英文のつながり、説得力が増していますね。

このように、短文を書き連ねてから、発展させていく方法は、とかく込み入った文を書きがちな日本人には、英語の 1sentence 1thought が身につきやすく、とても有効な練習法です。

書きたい事を書くだけではなく、時折こうした練習もしながら、英語日記に取り組みましょう。

英語学習ランキング         印刷     メール

ナビ 戻る ページトップ

英文読解と英作文上達法
英文の構造と頭読み
日本人のしがちな英語の間違い
英作文練習法

アクセスランキング