×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

英語教室
TOP
桜流
英語勉強法
英語教材
活用法
英会話
上達法
英文法 英文読解と
英作文
初心者向け
英会話独学法
英語の構造を
読むブログ
英語の発音と
リーディング
英語教材を
上手く使う
Google
WWW を検索 桜の英語教室を検索

奪取550点 TOEIC(R)テスト 解答テクニック講座

アルク 奪取550点 TOEIC(R)テスト 解答テクニック講座< の監修者が、面白い事を言っています。レベルに合わない解法テクニックを学ぶ事は、『月曜日に自転車に乗る練習をしている子どもが火曜日にF1を操縦するようなものです。』(監修者からのメッセージより)

私も、この意見に賛成です。TOIECは、超初心者から上級者まで様々なレベルの人が受けるテスト。無理に中級レベルと上級レベルを分ける問題に取り組もうとするより、初級レベルと中級レベルを分ける問題をしっかりマスターした方が、550点に手が届くのですね。

アルク 奪取550点 TOEIC(R)テスト 解答テクニック講座< は、初級レベルの英語学習者1日30分×週5日×3ヶ月の学習で、TOIEC(R)テストのスコア550を狙う本格的TOIEC対策講座。

初級者向けのリスニング問題のちょっとしたコツ、パート5でスコアを効果的に伸ばす方法など、スコア・アップにつながりやすい分野から、36のテクニックの習得を目的としています。

テキストは、TOIEC(R)テストのパート毎の、問題形式、解答時間、題材などの解説から始まります。さらに、パート毎にに合わせた攻略法の簡単な説明があり、豊富な実践練習問題があります。

さらに、毎週「ウィークリーレビュー」で、復習し、全ての学習が終了したら、本番形式の200問のファイナル・テストにも挑戦。豊富な練習問題とテストで、学んだ技の知識をキチンと使えるようにし、本番対策に万全を備えるのです。

また、ちょっとした時間を英語時間に変えられるよう、持ち運びに便利なサイズの別冊『RW』がついており、テキストを用いた普段の学習に+αの学習がしやすいように工夫されています。

TOIEC(R)テストに関しては、もっと割安な書籍が沢山出版されていますから、わざわざ通信講座を受ける必要はあるのかな?というのが私の正直な感想です。

アルク 奪取550点 TOEIC(R)テスト 解答テクニック講座< は、 TOEIC(R)テスト 超入門キットTOIEC470点入門マラソンのようにTOIEC対策しながら英語の基礎をキチンと作る英語教材と言う英語教材ではありません。

むしろ、いかにTOIEC(R)テストで高得点を取るかという点が重視されていますから、『TOIECの為の英語の勉強』には不賛成な私にはお勧めとは言い難い部分があるのです。

とは言え、世の中には、TOIECのスコアが直接昇級に響く会社もあるようですし、就職・仕事上、どうしてもスコアが550点必要という場合もあるでしょう。

アルク 奪取550点 TOEIC(R)テスト 解答テクニック講座< は、そんな初級レベルの英語学習者が、書籍よりも、短期間で確実にスコア・アップを狙える講座だと思います。

TOIECテストの解法テクニックは、書籍・ネット上で氾濫していますが、「知っている」だけではスコアUPにはつながりません。実際にテクニックを用いて練習問題を解かないと、解法テクニックは身に付きません。

そして、実践力が無ければ、時間制限の厳しいTOIECでは対応しきれないのです。

その点、 アルク 奪取550点 TOEIC(R)テスト 解答テクニック講座< は、技の紹介とともに、その場で実践練習を重ねます。実際に使う事で体得するのです。

受講を決める前にもう一つシッカリ考慮していただきたいのが、学習時間。

1日の参考学習時間は30分と短めですが、週5日と、ほぼ毎日の学習が必要になります。これは、決して生半可な気持ちでは突破できないハードルです。

また、1日の学習時間も要領をつかめないうちは、30分よりもう少し時間がかかると思います。

ある意味、これくらいの学習時間を「厳しい」とも思わないくらい是が非でも550点!という方に アルク 奪取550点 TOEIC(R)テスト 解答テクニック講座< はお勧めです。

解法テクニックや、話題は、「550点突破」を狙う人達が乗り越えるべき分野に厳選されている点も効率が良いですから、スコアUPを狙う必要のある方には、挑戦する価値のあるTOIEC対策講座と言えるでしょう。

サイト上でテキストの中身見られます
奪取550点 TOEIC(R)テスト 解答テクニック講座

英語学習ランキング         印刷     メール

ナビ 戻る ページトップ
英語教材の選び方
目標別英語教材
レベル別英語教材
お悩み解決英語教材
目的別英語教材
ジャンル・レベル別リスト
初心者〜中級レベル 初心者・初級者レベル 中級レベル 中上級レベル
英会話教室活用法
アクセスランキング