×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

英語教室
TOP
桜流
英語勉強法
英語教材
活用法
英会話
上達法
英文法 英文読解と
英作文
初心者向け
英会話独学法
英語の発音と
リーディング
英語教材を
上手く使う
Google
WWW を検索 桜の英語教室を検索

スピードラーニング

スピードラーニング英語は「旅行英会話レベルができるようになりたい」方に向いた英語教材です。特に忙しい方に向いていますね。

「1日5分〜」の謳い文句が示すように、聞き流し系教材は、聞く事中心を念頭に作られているので、学習がしやすい点が魅力的です。短い学習時間で学習する英語教材は沢山ありますがテキストと併用型だと、本当に忙しい時は学習が進みません。

その点、「聞き流すだけ」が前提で作られたスピードラーニング英語は、CDを聞くだけで学習が進められるように工夫されています。もっとも、効果的に勉強するには、1日20分ぐらい連続で聞く事をお勧めします。5分では、頭が英語モードになる前に、日本語に戻ってしまいますから。

また、毎日20分しっかり英語を聞くようにして、何を話しているか何となくわかり始めたら、一週間に一度で良いので、テキストを使った勉強も併用するようにすると、英語の伸び方が変ってきますよ。

スピードラーニング英語の場合、自然と言葉を覚える順番、「聞く」→「話す」→「読む」→「書く」の一番初歩の部分に重点を置いています。

英語を大量に聞いて子供が言語を覚えるように英語を覚えるのですね。大人でも、子供が言葉を覚えるように覚えることはできます。ただし、皆さんもご存知のように、大分退化しています。

ただ、大人は子供にはない別の機能を2つ持っています

一つは、入ってきた情報を自分の経験等で培った要式で整理整頓する能力。もう一つは、いらないと判断した情報は聞き流す能力です。

情報を整理整頓する能力は、入ってきた英語を「日本語に直す」と言う形で、英語習得の邪魔をします。いらない情報を聞き流す能力は、入ってきた英語を「単なる音」として処理してしまいます。

スピードラーニング英語は、ここを気をつけないと、この2つの能力が英語学習の邪魔をしやすいです。

英語を「日本語化」せず「イメージ」という要式でとらえ、「音」として処理させないように気をつけていけば、聞き流し系英語教材でも、充分、「ポロッ」と英語が出てくる瞬間までいきつけます。

でもって、旅行英会話程度なら、その「ポロッ」の積み重ねで習得できるのですね。大体必要な表現は決まっていますから。

スピードラーニング英語は、本気で英語力を身に付けたいという方にはちょっと役不足です。英語学習に大切な学習ペースや訓練法を身に付けられるわけではありません。

ただ、簡単·気軽に英会話の訓練が始められるのは、魅力的です。初回セットの中には無料の試聴用CDがあります。まずは、それを1週間試してみましょう。

英語を沢山聞く練習は、この最初の一週間で、ちょっとした「変化」を感じるものなのです。

詳しい内容はコチラから
空いている時間を有効活用!「聞き流す」だけの英語

英語学習ランキング         印刷     メール

ナビ 戻る ページトップ メニュー 進む
英語教材の選び方
目標別英語教材
レベル別英語教材
お悩み解決英語教材
目的別英語教材
ジャンル·レベル別リスト
初心者〜中級レベル 初心者·初級者レベル 中級レベル 中上級レベル
英会話教室活用法
アクセスランキング