×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

英語教室
TOP
桜流
英語勉強法
英語教材
活用法
英会話
上達法
英文法 英文読解と
英作文
初心者向け
英会話独学法
英語の構造を
読むブログ
英語の発音と
リーディング
英語教材を
上手く使う
Google
WWW を検索 桜の英語教室を検索

アルク 挑戦900点 TOEIC(R)テスト攻略プログラム

周囲には「英語できてよいね。」なんて言われても、自分では密かに「もっとしっかり聞き取りができるようになりたい。」「実践に対応できる能力を持ちたい。」と感じている方いませんか?

そんな方におススメなのが、アルク 挑戦900点 TOEIC(R)テスト攻略プログラム。単なるTOIEC(R)テスト対策を超えた、真の英語力を身につける英語教材です。

この英語教材の中身を試しましたが、鼻歌混じりに試していた他の教材と違い、本腰を入れて取り組む必要がありました。それくらい、集中力・注意力を必要とする実践的な内容です。

学習時間は、1日60分×週5日x6カ月と本格的なカリキュラムです。

TOEIC(R)対策必須の多くの模擬試験を掲載し、6カ月で1,500問を超えるTOEIC形式の練習問題に取り組みます。

また、高得点を支える語彙力強化のため、TOEIC(R)テスト頻出752語の単語集と復習ドリル単語集が付いています。単語はCDで音による学習が出来ます。

けれども、アルク 挑戦900点 TOEIC(R)テスト攻略プログラムの一番のウリは、どこにでもある模試や単語帳ではなく、プロジェクト学習と呼ばれる練習内容。

これは、正誤問題をこなすのでは無く、疑似体験形式の練習法です。

例えば、プレゼンテーションの日程を選定する課題。多くの参加者の予定を聞き、メールを読み、最終的に1日に絞り込みます。「こんな感じ」とか、「大体このへん」という程度の理解では正解を導き出せない、精度の高い聞き取り・読解能力を求められます。

あやふやな部分があるとキチンと仕事(課題)をこなすことが出来ない疑似体験方式の学習。この練習を繰り返していくうちに、英語をキチンと理解するという過程へとレベルアップが図れるでしょう。

毎週一課題。さらに、別冊『アラカルト集』にも2課題をこなしていきます。私は英語圏で暮らし、他の人との色々なやり取りを毎日行いますが、まさにそんな感覚の課題量です。

この、プロジェクトの課題をこなしていけば、むしろ、TOEIC(R)テスト方が簡単に感じられるのではないでしょうか。

アルク 挑戦900点 TOEIC(R)テスト攻略プログラムの参考開始レベルはTOIEC(R)スコア800点以上、英検準1級。

既に、「私は英語できます。」と言えるレベルですね。でも、自分で何かまだアヤフヤと感じる方におススメの英語教材です。特にTOIEC(R)に興味は無くても、仕事で高度な英語力を必要としている方や、英語力を生かした仕事に付きたいと野望を持つ方にもとてもお勧めです。

とりあえず、どんなものなのか、英語力にそこそこ自信のある方は、アルク 挑戦900点 TOEIC(R)テスト攻略プログラムの中身体験、アラカルトをお試し下さい。

サイト上でお試しできます
アルク 挑戦900点 TOEIC(R)テスト攻略プログラム

英語学習ランキング         印刷     メール

ナビ 戻る ページトップ
英語教材の選び方
目標別英語教材
レベル別英語教材
お悩み解決英語教材
目的別英語教材
ジャンル・レベル別リスト
初心者〜中級レベル 初心者・初級者レベル 中級レベル 中上級レベル
英会話教室活用法
アクセスランキング